uketsuke.pnguketsuke.png

logo.pnglogo.png

line.png

はじめにはじめに基本理念基本理念診療案内診療案内施設案内施設案内アクセスアクセスつれづれつれづれ

line.png

ごあいさつ


2013年9月以来、お子様からお年寄りまで地域の皆様に信頼される医療を提供することを目標としています。耳・鼻・のどに関する症状以外にも風邪・めまい・咳など耳鼻咽喉科に関係する症状があればお気軽にご相談ください。これからも、皆様のニーズに応えられるように研鑚を重ねていきたいと思います。


院長 小林英治

K2016_26.jpgK2016_26.jpg

line.png

小林耳鼻科醫院の理念

高い質の医療提供

  • 丁寧な説明と適切な診療
  • 高次医療施設(香川大学医学部付属病院・さぬき市民病院)との連携
  • 臨床統計および研究の学会発表

地域の医療水準の向上

  • 最新医療情報の提供
  • 学会・研究会の情報開示

地域に根差した医療提供

  • 周辺医療機関との連携
  • (紹介はもちろん、近隣中枢病院でのCT・MRの検査を依頼しています)

優れたホスピタリティー

  • 快適で居心地のいい待合室
K2016_015.jpgK2016_017.jpgK2016_016.jpg

line.png

院長紹介

氏名:小林英治
耳鼻咽喉科医師(日本耳鼻咽喉科学会専門医・医学博士)
専門:鼻科学
研究分野:嗅覚臨床、花粉症臨床

●経歴
性格:一見温厚、実は情熱家(自称)
出身地:佐賀県杵島郡福富町(現白石町福富)
出身小学校:福富小学校
出身中学校・高等学校:青雲学園
出身大学:香川医科大学(現香川大学医学部)
勤務歴:香川大学医学部耳鼻咽喉科、坂出市立病院耳鼻咽喉科、三豊市立永康病院耳鼻咽喉科、
内海病院耳鼻咽喉科
所属学会:日本耳鼻咽喉科学会、日本鼻科学会、日本耳鼻咽喉科臨床学会、日本味と匂学会
その他所属:中国四国空中花粉研究会

●業績
学会発表等(2003年1月~2018年8月)
研修会及び講義:12回
地方学会:14回
全国学会:24回
講演:10回
国際学会:10回(poster:8回 、oral:2回)
論文等執筆活動(学会発表の抄録のみのものは除く)
海外誌:2件
国内誌(研究会会誌含む):10件

●趣味・特技
ギター(ロックギター:自称上級、クラシックギター:自称中級)
チェロ(自称初級)
硬式テニス(中学から大学までテニス部所属)
ゴルフ(大学時代から始める。現在月一回程度ラウンド)
俳句(自作40句、現在休止中)
紳士靴収集(イギリス、フランスの靴を好む)
ドリップコーヒー(自称プロ級)
愛妻家(自称上級)恐妻家(自称上級)

●好きなもの
犬、猫、を中心に生き物全般
刺身、肉、ワイン

●些細な夢
猛禽類の飼育、カフェのマスター、地中海クルージング、仏師(仏像彫りたい!)
アルハンブラ宮殿でアルハンブラの思い出を奏でる。

line.png

診療科目:耳鼻咽喉科

time.png

●休診日:日曜日、祝日
●午後休診:水曜日、木曜日、土曜日
●第2土曜日、第4土曜日は香川大学 医学部 耳鼻咽喉科医師が診察を担当します

line.png

診療内容のご案内

●耳
耳の痛み・かゆみ、難聴、耳鳴り、めまい、補聴器相談、耳掃除
●鼻
アレルギー性鼻炎、花粉症、副鼻腔炎(ちくのう症)、嗅覚障害、鼻血
●のど
かぜ症状、のどの痛み、咳、異物感、嗄声(声が嗄れる)、いびき、扁桃炎、味覚異常、口内炎、舌のいたみ

  • 以上のような症状、疾患の診療をいたします

点滴治療

急性扁桃炎などの重篤な炎症疾患の時には抗生剤や消炎剤を用いた点滴も行います。また突発性難聴や重症のめまいの際にも点滴を行う場合があります。

補聴器外来

週に一回、認定補聴器技能者を有する補聴器業者の方に来ていただき、相談に乗ってもらいます。
予約制です。予約をするには通常の診察が必要です。聞こえが悪くて日常生活に不便を感じる方、補聴器を希望される方、現在お使いの補聴器の調子が悪いとお感じの方、お気軽にご相談ください。

line.png

出張業務

通常、開業医は経営の理由から自分の診療所以外で勤務することはありません。当院では香川大学医学部付属病院と提携し、出張業務を行っています。目的は醫院理念に掲げているように高い質の医療を提供するためです。加えて、地域の学校・幼稚園で健康診断を行っています。そのために診療時間枠が他院に比べると少ないかもしれませんが、ご理解いただければ幸いです。

香川大学出張

  • 現在、地方の大学病院の勤務医が不足しています。
  • 私の出身大学である香川大学の耳鼻咽喉科も医師不足が続いています。
  • 開業するにあたり、これまでお世話になったお礼と開業後の大学病院との迅速な連携を可能にするためにも定期的に大学と業務提携を行うことになりました。隔週水曜の午後に医学生実習の講義を担当させて頂いています。大学出張を通じて情報交換し当院の診療水準を高いレベルで維持することが最大の目的です。

line.png

診療設備

アルゴンプラズマコアギュレーター(APC)装置
電気凝固装置でも難しい鼻出血の治療やアレルギー性鼻炎の手術療法に用います。
●耳鼻科診療ユニット
耳鼻科全般の視診および基本処置(耳処置、鼻処置、咽喉頭処置、耳管通気処置)に使います。
●耳手術用顕微鏡
耳処置、耳垢除去、鼓膜切開術、鼓膜チューブ挿入術の時に使います。
●内視鏡システム
耳、副鼻腔炎、鼻咽喉頭腫瘍、鼻出血、咽頭異物(魚骨)などの診断に使います。
●聴力検査機:オージオメーター
聴力測定、鼓膜可動閾測定などに用います。
●電気凝固装置
鼻出血などの各種出血の止血に使います。
●ネブライザー装置
咽喉頭炎、副鼻腔炎の外用治療に使います。
●レントゲン機械
副鼻腔炎、中耳炎などの診断に使います。
●フレンツェル眼鏡
めまいの診断に使います。
●基準嗅覚検査
嗅覚障害の診断に用います
●呼吸機能・鼻腔通気度測定装置
肺の機能や鼻づまりを測定する装置です。

K2016_S001.jpg

耳鼻科診察ユニット

K2016_S002.jpg

レントゲン機械

K2016_S003.jpg

呼吸機能・鼻腔通気度測定装置

K2016_S004.jpg

電気凝固装置

K2016_S005.jpg

APC装置

K2016_S006.jpg

基準嗅覚検査

line.png

アクセス

地図

K2016_049.jpgK2016_043.jpgK2016_040.jpg

小林耳鼻科醫院

〒769-2601 香川県東かがわ市三本松1887-1
電話:0879-23-1887 (FAX:0879-23-1187)

お車でお越しの場合

11号線を徳島方面へ、東かがわ警察署を目印に右折、道路左側、三本松ロイヤルホテル手前が当院
(駐車スペース14台分あり)

JRでお越しの場合

JR三本松駅下車、徒歩15〜20分となります

休診日:日・祝日/午後休診:水・木・土
午前診察:09:00~12:30/午後診察:14:30~18:00
※携帯電話・パソコンからの順番登録は各終了時間の30分前までとなりますので、ご注意ください。

line.png